学ぶ廃車情報

廃車について詳しく学んでいこう!

普通車を廃車にする方法

普通車を廃車にする方法

普通車の廃車手続きに必要な書類と持ち物は「自動車検査書」「自賠責保険証明書」「実印」「印鑑証明書」「身分証明書」「リサイクル券」です。
これらの物が揃っていれば普通車廃車手続きが行えます。しかし、車検証の所有者と使用者が同一でない、印鑑証明書が別になっている場合は陸運局での手続きができなくなります。手続き前には必ず氏名や住所、印鑑などが一致しているかを確認してください。
また、印鑑証明書の発行期限などにも注意しましょう。場合によっては追加書類を用意しなければならないことがあります。
例えば、車検証の所有者と使用者が違っている場合は役所などで住民票の取得をしなければなりません。
また、所有者がディーラーや信販会社になっている際は所有者の譲渡証明書と委任状と印鑑証明書を用意しなければなりません。住所が異なっていると、登記簿謄本の必要です。
書類にそういった相違がなければ廃車手続きはスムーズです。手続き前には必ず確認しておきましょう。

廃車のガソリンの抜き方

車を廃車に出す際、業者に廃車にする車のガソリンを抜いておくようにと言われることがあります。
その状況に際して、自力で抜く方法を紹介したいと思います。
1つめの方法は細い管を通して抜く方法です。
手動式の灯油用ポンプに細いホースをテープで止めて、給油口から入れて抜き取ります。しかし、この方法では抜き取れる量に限界があり、すべて抜き取るのは難しいです。
フィルターが邪魔をして抜き取れないタイプもあります。
2つめの方法はタンクの底にあるドレンコックのボルトを緩めて抜く方法です。
この方法はポンプで抜き取る方法ではなく下に置いたに容器にガソリンを受ける方法なので、匂いが充満してしまう場合があります。なお、ドレンコックが無い自動車も多くあります。
3つ目の方法はシートを外し、その裏にあるタンクのフタやポンプを外して抜く方法です。
うまくいけば効率的に抜けますが、タンクのフタが取れない場合もあり、また、シートのボルト等を取り外す作業が必要なため手間がかかります。
4つ目がエンジンに燃料を送るパイプ抜いて、抜き取り用のホースに取り替える方法です。
この方法は技術や知識を要するため、詳しい人以外にはオススメではありません。
上記のようにそれなりに難易度を要求する作業であり、引火の危険性も伴うため、技術に自信が無い場合はガソリンスタンドやディーラー等に相談するか、燃料が無くなりかけるまで走らせるなどして対処しましょう。

新着情報

◎2017/9/27

断られるケース
の情報を更新しました。

◎2017/5/24

廃車の手続き
の情報を更新しました。

◎2017/2/23

オープンカーの廃車買取
の情報を更新しました。

「車 ガソリン」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/hf3wxy9l/ilunabasque.com/normal.html on line 159

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E8%BB%8A%E3%80%80%E3%82%AC%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%B3): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/hf3wxy9l/ilunabasque.com/normal.html on line 159