学ぶ廃車情報

廃車について詳しく学んでいこう!

廃車も売却できると知ろう

廃車も売却できると知ろう

廃車は永久抹消登録をするよりも、売却してお金にすることを考えましょう。
もしくは一時的に乗らない方は、一時抹消登録という手もあります。
廃車と聞くとスクラップ工場行きというイメージがあるでしょうが、必ずしもそうとは限りません。
事故を起こしたり、水没車になったりした場合は、クルマは単なる鉄の塊になってしまいます。
動かない以上はクルマとしての役割を果たせないため、処分をすることを考えましょう。
解体業者に持っていく方法が一般的ですが、中古車の買取店に売却するという方法もあります。
廃車は価値がゼロだと考える方が多いですが、実際は値がつくことも多いのです。
価値ゼロだと自分で決め付けてしまえば、売却時に足元を見られることでしょう。
買取業者は20万円での買取を考えていたのに、無料引き取りに変えてしまう可能性もあります。
廃車は高く売れる可能性もあると考えて、色々な業者で査定を受けてみるべきでしょう。
ネットの一括査定サイトを使えば、WEB上で簡易査定をしてもらうことができます。

ローンが残る自動車を廃車にするには

何かしらの理由から、カーローンが残っている自動車を廃車にしなくてはならなくなったというケースもありますが、そもそもローンが残った自動車を廃棄することはできるのでしょうか。
これに関しては、所有者名義が誰になっているかで変わります。
まずは車検証に記載されている名義を確認してみてください。
この欄が自分名義になっているのなら、ローンが残っている自動車でも廃車にすることはできますが、ディーラーやローン会社名義になっているのなら、勝手に廃車にすることはできません。
もし名義がディーラー等になっている場合は、所有権解除をすることで廃車にできます。
所有権解除のためには、原則として一括返済をするしかありません。
もしも一括返済が難しいというのなら、名義者に相談をして所有権解除の承諾を得ることが必要です。
承諾を得られるかどうかは一概ではありませんが、きちんと事情を説明して残債務を支払う意志を見せるしかないでしょう。